見出し画像

「アライアンス・アライブ」イラストのメイキングを公開した経緯と「集中力」の関係

キャラクターデザインを担当したゲーム「アライアンス・アライブ」。

3DS版発売から3年が経ち、遊んでくださった皆さんの非常な高評価のおかげで現在はNintendo Switch、PS4、Steam版へとHDリマスター展開されています。

本当にありがとうございます!

SNS上では発売3周年を祝うメッセージもいただきまして、「ああ、参加できて良かったな」と、胸を熱くさせてもらいました。

あまりに嬉しかったので「何かお返しできるものはないか」と制作当時のHDDを探したところ、いくつか面白そうなデータを見つけました。
どうやら制作過程の録画にハマっていたようです。

当時は宣伝用にスタッフ陣のドキュメンタリーが撮られていたこともあり、もちろん「何かに使えないかな?」という気持ちもあったんですが、ほんとのところを言うと、子供が生まれたばかりだったのに加え、漫画連載、アニメ制作、スマホゲーム、イラスト仕事と、「アライアンス・アライブ」以外にもスケジュールがみっちり詰まっていて、かなり目の回る時期だったのです。(今はそんなことないですよ!お仕事は遠慮なく!)

なので、メインの目的は「外に出す」というよりも「録画によって意識的に自分を仕事に集中させる」だったのをよく覚えています。

「人間が一回に集中できるのは48分前後」という説がありまして、一時間を48分と12分に分けて、48分集中。12分休憩。というのを繰り返していたんですね。
なので「48分間は録画をすることで無理やり集中」。というわけです。
「ルールによって自分を管理する」というシンプルな方法はなかなか効率が良かったんですが、それを今もやれるかというと…。どうかな…。
もう少し人間らしく仕事をしたいかも…。
途中で息切れしにくいので、締め切り間際はおすすめです。

というわけで、録画したデータについてフリュー株式会社さんに相談したところ、公開に快諾をいただけました。太っ腹なフリューさんに感謝!

まずは第一弾、ガリルです!

その時の忙しさの関係で撮ったり撮らなかったり全員分ではないですが、サルベージできた絵はこれからもたまに上げていきたいと思います。

ご興味がありましたら、リンク先のYoutubeでチャンネル登録してみてくださいね!
通知をONにしておけば、不定期の公開でも通知がいきます。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

応援の形の一つとしてお受けしています。どうぞ無理はしないでくださいね。 いただいたサポートは作品を一本でも多くお届けできるよう、大切に使います! ☆Twitterでもつぶやいてます。 https://twitter.com/HiraoRyo

(´∀`∩)↑age↑
6
漫画家。ボードゲーム『モンスターメーカー』『なかぬきパラダイス』 3DSゲーム『アライアンス・アライブ』 漫画『放課後カタストロフィ』 TVアニメ『コンクリート・レボルティオ』 スマホ『彗星のアルナディア』 ゆるキャラ『マイナビベア』『ゲームマーケット』などなどキャラデザもします

こちらでもピックアップされています

ゲームの話
ゲームの話
  • 24本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。